歴史と伝統が息づく正統派

1961年、千葉県八千代の地に八千代ゴルフクラブは誕生しました。設計は自身もプロゴルファーとして活躍した安田幸吉氏。安田氏は宮本留吉氏らとともに日本人初の海外遠征を果たすなどプロゴルファーとしても名を馳せ、晩年はゴルフコースの設計に携わり、浮間ゴルフリンクス(埼玉県)を皮切りに、日本オープン開催の小樽CCや、千葉カントリークラブ梅郷コースなど、50以上のコースの設計に携わっています。
「コース造りは庭造り、下手な人でも楽しめるように」を信条とし、“柔らかく見えて、プロには厳しい設計”というコース設計に定評があります。
開場から50余年の時を経た今もなお、歴史と伝統が息づく正統派パブリックコース。
各ホールは自然の地形と樹木を活かしたレイアウトで、プライベートなラウンドから大型コンペまで、どなたにも存分にゴルフをお楽しみいただけます。

都心からも抜群のアクセス

都心から約55分と、アクセスも抜群のロケーション。また、大宮方面、筑波方面からのアクセスも快適。
東京都内はもちろん、関東圏すべてのゴルファーにとって、もっとも身近な本格的なゴルフコースのひとつです。お車での来場の他、最寄りの勝田台駅を利用した電車でのアクセスも大変便利です。

春の桜は関東随一

豊かな自然を色濃くのこし、東京のベッドタウンとして人気の高い八千代市。八千代ゴルフクラブは、春の桜が有名で、関東随一の桜の名所としても知られています。 寒桜の開花を皮切りに、ソメイヨシノや枝垂れ桜、八重桜など、満開になる時期が少しずつ異なるため長い間桜を愛でることができます。

歩く...ゴルフ本来のプレースタイル

本来、ゴルフは徒歩でのプレーが当たり前。プレーヤーは皆、バッグを担いでプレーしていました。電動カートはおろか手引きカートすら無い時代から、過酷な環境下でも自然と自分と向き合いながらゴルフと向き合うことがゴルフそのものでした。
昨今、時間効率や体力の消耗などの対策などから、乗用カートへとプレースタイルが変わりつつあるなか、八千代ゴルフクラブでは、キャディ付プレー/セルフプレーともに、ゴルフ本来の楽しみ方“歩き”のプレースタイルを貫いています。アップダウンが少ないフラットなレイアウト、各ホールのインターバルが短いからこそ実現可能な“歩き”のプレースタイルを存分にお楽しみください。

News Topics

12月予約開始日変更のお知らせ

平素より八千代ゴルフクラブをご愛顧賜りまして、誠にありがとうございます。 さて、早速ではございますが、12月の予約開始日変更について、ご案内させていた…

10月・11月セルフデー

10月・11月セルフデー 10月開催日:2019年10月7日・10月15・10月21日・10月28日 11月開催日:11月5日・11月11日・11月1…

9月セルフデー

9月セルフデー 期間:2019年9月2日・9月9・9月17日・9月24日・9月30日 料金 <9月2日(月)> 太平洋クラブ・太平洋アソシエイツ会員:…