新着情報

2016/11/14 (月)

お知らせ

三井住友VISA太平洋マスターズ|トーナメントレポート

松山英樹、-23の大会レコードで優勝。
2位の宋永漢に7打差の圧勝!

最終日を6打差のリードでスタートした松山が、アウトでトラブルに見舞われるなどして、一時は前日までの貯金を1つ落としましたが、得意とするインでスコアを4つ伸ばし、通算23アンダーで優勝しました。
23アンダーは2004年にダレン・クラークが記録した通算22アンダーを上回るもので、自身、今大会2勝目となります。

2番、3番の連続バーディで早くも大会レコードに並んだ松山がトラブルに巻き込まれたのは、前日ティーショットを右の林に入れて辛うじてパーで切り抜けた、6番パー5。
前日とは反対の左の林の中にティーショットを入れ、ボールが木の根元にあるため手首を痛めるのを懸念してアンプレヤブル。
第3打はフェアウェイ右サイドに打ち出したものの、第4打はグリーンに届かずボールは戻って池に。
ドロップしての第6打を寄せ、6番はダブルボギー。続く7番はグリーンと右手前のバンカーの間からのアプローチショットを、ライも悪いこともあってダフってボギー。
8番はバーディを奪ったものの、9番では第2打をグリーン手前のバンカーに入れ、ピンをオーバーさせてからのパーパットをミス。アウトは1オーバー37。2位の宋とは6打差のリードから3打差に縮まってしまいました。

松山は「自分自身苦しくてしんどい思いになってきましたが、ギャラリーからの、『ガンバレ、ガンバレ』『これから、これから』の言葉をもらって凄く助かりました」と、ギャラリーの声援を糧に10番から気持ちをリセット。11番のバーディでトゥデーパープレーに戻すと、「それからショットの精度が良くなってきました」という通り、13番、15番、16番でバーディ。最終ホールは第2打を右の池に入れましたが、ドロップ後の第4打をピン奥から戻して、あわやチップインバーディとなるパーでグリーンを囲む大勢のギャラリーを沸かせました。結果、御殿場コースでの4日間のプレーを通算23アンダーで終えました。

表彰式での優勝スピーチでは、主催者やボランティア、コーススタッフへに続いてギャラリーにも感謝の言葉を述べ、「これからも努力を怠らず、メジャーで勝てるように一所懸命練習します。これからも応援よろしくお願いいたします」と挨拶。
さらに、クラブハウス2階で行われたフェアウェルパーティーでは、「これからも皆様の期待に応えられる選手になりたいと思います」とお礼の挨拶。その言葉を受けて、韓俊(株)太平洋クラブ代表取締役社長は、「今日は4日間のスコアの大会新記録を達成されましたが、今度は大会3連覇の記録(注:過去にリー・ウエストウッドが3連覇を達成)を更新していただきたいと思います」と、大会4連覇の期待をお願いして幕を閉じました。

Rank Player Score
1 松山 英樹 -23
2 宋 永漢 -16
3T S・H・キム -15
  小平 智 -15
5T 宮里 優作 -14
6T 宮本 勝昌 -13
  朴 相賢 -13
8T 藤田 寛之 -12
  今平 周吾 -12
  崔 虎星 -12
  李 京勲 -12

松山英樹 強過ぎ! 悠々たる一人旅。
7バーディノーボギーで、2位に6打差の20アンダー。

今日は松山の圧倒的な強さが際立ちました。
小春日和にも誘われ、6,107名のギャラリーが御殿場コースに観戦に訪れましたが、大半が、世界のMatsuyamaの生のプレーを目の当たりにして胸に刻もうと、松山がプレーする最終組を観戦していました。
松山はその期待をしっかり受けとめました。
「調子はあまり良くないので、パープレーくらいでもいいかなと思っていました」と言いながら、7つもスコアを伸ばしたのです。

1番の第2打をグリーン左に外したのと6番のティーショットを右の林の中に入れた2度のピンチはありましたが、絶妙のパーパットで凌ぎました。特に6番のパーは、ターニングポイントになりました。
第2打は木の根に寄り添っているところから5番アイアンで木と木の間の狭い空間を抜いてラフまで脱出。しかし、第3打は左奥のガードバンカー。
池に向かって下っているグリーンへの第4打のバンカーショットはピンを4メートルオーバー。
ボールがカップに消えるや否や、松山は小さくガッツポーズ。

「あのパーセーブは大きかったですね」と松山も振り返る通り、7番のパーの後、8番、9番、10番、11番を4連続バーディ。同組の宋永漢、朴相賢を引き離して行きました。
さらに16番、18番もバーディとして、この日のベストスコアタイの65をマーク。2位の宋に6打の大差をつける一人旅の展開になりました。
それでも松山は、「6打差の逆転はどのツアーでもあること。明日も自分のベストを尽くしてしっかりスコアを伸ばしていけるように頑張るだけです」と口を結びました。
今大会の最多アンダーレコードは2004年にダレン・クラークが記録した22アンダーです。明日、松山がこの記録をどこまで伸ばすか、注目しましょう。

Rank Player Score
1 松山 英樹 -20
2 宋 永漢 -14
3 朴 相賢 -13
4T 宮里 優作 -12
  李 京勲 -12
5T 趙 炳旻 -11
  S・ストレンジ -11
  趙 虎星 -11
  今平 周吾 -10
  武藤 俊憲 -10
  金 庚泰 -10
  藤田 寛之 -10

松山英樹、2日目もインでスコアを伸ばす。
通算13アンダーで2位に2打差のトップ。

初日のリーダー、松山が2日目もスコアを5つ伸ばしてリーダーの座を守りました。
昨日のプレー終了後、「明日も1つでも多くのバーディを取ってギャラリーの人たちに喜んでもらいたいです」と語っていた通り、有言実行してくれました。
最初と2番目のバーディは3番と6番のパー5。
ともにショートアプローチ後のバーディとあって沢山の拍手があった程度でしたが、8番でボギーを叩いた後の9番で左上からの下りのパットが最後の一転がりでカップに吸い込まれると、その瞬間、まるで祈るかのようにシーンと静まり返っていた9番グリーン周りを何重に取り囲むギャラリーから、大歓声が沸き起こりました。

アウトで2つ伸ばした松山でしたが、「今日もまだ思うようなショットを打てていなかった」と言うように、インに入ってもショットが安定しません。
ギアが入ったように見えたのは、14番から3ホール続くパー4。3ホールともピンを刺す第2打を放ち、カップ近くにピタリと止め、3連続バーディ。1オン2パットのパーで迎えた最終ホールは、「寒さのせいで思っていたより飛びませんでした」という第2打が、わずかにグリーンに届かず。
多くのギャラリーが期待したチップインはカップの縁に止まってしまいましたが、ギャラリーは大いなる満足感を味わった様子でした。プレー後の松山は、「今日は昨日からの雨でグリーンのスピードが若干遅かったので、9番の下りのパットも入ってくれました。明日から晴れてグリーンが速くなった時にタッチを合わせられるかどうかですね」と多少の不安を口にはしていましたが…。

さて、明日からはどうなるでしょうか? 松山がさらにリードを広げるのか? はたまた、松山を凌ぐ選手が現れるか? 楽しみなムービングデーです。

Rank Player Score
1 松山 英樹 -13
2 朴 相賢 -11
3 宋 永漢 -10
4 S・H・キム -9
5T 李 京勲 -7
  金 亨成 -7
  宮本 勝昌 -7
  藤田 寛之 -7
  薗田 峻輔 -7
  松村 道央 -7
  金 庚泰 -7
  崔 虎星 -7

松山英樹、「ショットもパットもまだまだ」ながら、1イーグル、6バーディ、1ボギーの65で首位スタート! 松山がいきなり魅せてくれました! 10番からスタートした松山の第2打はピンに一直線。ボールはカップ直前に落下してピンに当たってカップの縁に。11番パー5はピン手前5メートルに2オン。イーグルは取れなかったですが、楽々と連続バーディ。

その後は、「ショットの調子はまだ上がっていない」と言う通り、なかなかバーディチャンスにつきません。 16番をバーディとしたものの、グリーンを外した後のチップインバーディでした。 18番パー5は同組の谷原秀人とアマチュアの比嘉一貴が第2打をレイアップしたのに対し、4番アイアンでピンがある2段グリーンの上の段にキャリーさせ、ボールはピン右手前4mに。 松山は慎重にラインを読んで、ジャストタッチで沈めてイーグルを奪取。 前半5アンダーで早くも首位に立ちましたが、松山はホールアウト後の会見では「たまたまイーグルチャンスにつきましたが、全然満足できるショットではありませんでした」と、快心のショットではなかったことを明かしていました。 後半もショット後に素振りをしたり体の動きをチェックするなど、調整段階の様子を窺わせながらバーを重ねて行きましたが、「まだこのコースのグリーンのスピードにタッチを合わせられていない」と言う松山は4番で3パットのボギー。 それでも、6番パー5で2オン2パットのバーディのほか、5番と8番のパー4でバーディを取り、2位の宮本勝昌に1打差の首位で初日を終えました。

Rank Player Score
1 松山 英樹 -7
2 宮本 勝昌 -6
3T 朴 相賢 -5
  A・ブランド -5
5T 細川 和彦 -4
  宋 永漢 -4
  松村 道央 -4
  B・ケネディ -4
  堀川 未来夢 -4
  S・H・キム -4

新着情報一覧にもどる

前のページへもどる

ページトップへ

太平洋クラブ コース紹介

コース一覧はこちら