main_image
   

順 位
選手
Score
優 勝
片山 晋呉
-16(272)
2 位
今野 康晴
-16(272)
3 位
甲斐 慎太郎
-14(274)
4 位
松村 道央
-13(275)
5 位
石川 遼
-12(276)
5 位
T.イメルマン
-12(276)








「 ありがとうございました。 いやぁー、日本オープンは勝った〜!という思いでしたけど、今回は気持ちいいですね。はい。」

○今週は狙っていった?
「言っていましたからね。今週勝ちますよって。今回、前半がスコア伸びていないんですよ。なので、今日もそんな展開かなって、思っていたんで。 まぁ、後半は伸びるだろうなと自分でも思ってプレーしていたんで。」

○大きかったのは17番のパーパットですか?
「いや、15番のパーパットでしょう。あのパットが一番大きかったですね。1ピン以上はありましたね。1カップちょっと20cmくらい外しているんですね。実は、初日、全く反対からパーパットを外しているんですよ。唯一、ボギーを打ったんですけど。 初日、全く反対から距離もラインも、全く反対だったので。そこ切れるというのが分かっていたんですよ。普通に打ったら右に外れるんですよ。初日に全く反対から打って、思ったよりも曲がって外れたんで。」

○プレーオフまで時間が空きましたが?
「なんパターンか聞いていて、やるパターン、もし見えなかったら特設ティーを設けてやるパターン、後は明日。その3つのどれかで。優勝者は必ず決めますって、言っていたから。 だから誰とも話さないで、ずっと集中力して、いくならいこうと、そういう気持ちでずっといましたけど。」


○17番の時はもうあまり見えない状況?
「17番は僕らが行ったときはちょっと待ちましたけど、もう何にも前が見えなかったですから。 前の池も見えないくらいだったので、相当見えなかったですね。 実際、打つときにちょっとうっすらと見えたんで、それでいけたから良かったですけどね。 」

○プレーオフに持ち込んだことについては?
「全然、普通にいきました。 もう、どっちかがバーディを獲ってね決まるんだろうなって思っていましたけど。 セカンドは残り233y、3W。 3を獲りにいくよりも、4を獲りにいっているんで。」

○プレーオフのアプローチショットは練習していた?
「練習ラウンドあっちから回っていないからね。でもね。TV、何十年って観ていますからね。いろんな選手のあぁじゃない、こうじゃないっていうのを。観ているからある程度は。 それよりも普通に回った72ホール目の18番のアプローチショットの方が、すごいですね。 本当ね。あれは選手じゃないと分からない。難しさは。 こころがざわつくとね、あぁいう状況というのは外れる状況のパーセンテージが増すのでね。やっぱり普通に打ったら入るわけじゃないですか。その当たりの確率をどういうふうに自分でコントロールして、いい方向にもっていくための。まぁ、彼のパットが入ると僕は思っていたんでね。 入れて、入れて、次に行けると思いながら、集中していたので。はい。 人のプレーを僕は変えられないので、自分の出来ることだけしか。 勝っていなかったところで、自分でも勝ちたいと思っていましたし、先週の時点で、今週か来週って僕言っていましたよね。日曜日にね。 まぁ、やっぱり狙って勝てるという所に、まだ自分がいるということすごく・・・ やっぱり自分のやっていることに間違いはないなと思いますし。」

○来週、中嶋さんには何んて?
「どうだと。あの、どうですかって、一番先に挨拶したいですね。」

○昔は苦手なコースだと話されていましたけど?
「去年くらいから、そういうことは思わなくなったですね。去年僕18番で3オーバーくらい打っているんですよ。去年、池三回入れているんですよ。相当やられていたんで。 ただ、そこがもし、普通にバーディ、バーディ、バーディ、バーディで上がっていたら、タイか1コ良かったんですよ。 じゃあ18番だけのスコアだから、基本的にはコースの苦手意識というのは、持ってやるのをやめようと。先週終わった時点で、今週用のドライバーを頼んでおいて、ちょっとドローがでやすいドライバーを頼んで、当然、ちょっと多用するので、そのドライバーをチョイスして持ってきたのがすごく良かったですね。」

○2日目からはボギー無しですが
「無しですね。 やっぱ、72ホール終わってみてボギー2つ。初日の2つだけなんですね。まぁ、このコンディションと、このコースセッティングで。まぁ今野選手もボギー2つかな。彼もすごく良いゴルフをしていたし、勝てると思ってやっていたと思うんですけどね。でもね。勝ち負けの神様が僕にほほえんでくれましたけど。 でも、彼もすごく、2ボギーって、本当にすごいゴルフだと思いますしね。」

○次に狙っているのは?
「日本シリーズ勝ちたいですね。過去、1年間で日本タイトルを3つ獲った選手は3人しかいないって聞いたことがあるので。ちょっとやってみたいですし。いや、やりたいですね。 日本オープンで永久シードを達成して、BSで矢野選手に負けて、あぁいう負けがいいんです。負けるから悔しいし。先週だっけ、トヨタも上位にはいけましたけど、勝つ事は出来なかったので、そうやって自分がやれば上に行けるんだという思いはあるので、モチベーションが下がるというのはないですね。 スコアが悪くても楽しいし、バーディを獲って楽しいですね。試合自体のモチベーションというよりも、たくさんの人に見てもらってやれているということが幸せなので。 いろんなメールだったり、手紙だったりで、励まされていますよって、そういう言葉を見たり聞いたりすると、僕なんかいろんな意味で恵まれていないじゃないですか。体もそうだし、距離もそうだし。 そういう僕でもこれだけ頑張れているんだと思ってくれる人が最近増えてきているので、それがもう僕の中では最高の喜びだし、何かを感じさせてあげたいし、本当そういう人が1人でも増えてくれて、画面の向こう側からでも応援してくれることがすごく力になっている気がしますね。」

○マスターズもこれで...
「たぶん、イメルマンがいたんで、30位台までは入ると思うので、来年のマスターズは決まりでしょう。 はい。やっと今週アメリカのスケジュールが発表になりましたので、相談しながら。 今の時期にやってくれたら嬉しいんですけどね。 まぁ、変えられないので、自分の出来る中で、やっていくしかないですから。 」

foot