Pick Up HOLE|No.12

トーナメント/バックティー

・全般的に現在の位置に、ランディングゾーンへの方向を出して造り直す。
・既存の木に影響させないでティー面を後方に伸ばす。
・新しいティー面は幅10.5m×奥行30.5m、仕上げの標高は592.4m

レギュラーティー

・全般的に現在の位置に造り直す。
・全体のヤーデージに変更無し。
・新しいティー面は幅12m×奥行17.5m、仕上げの標高は591.7m。
・出る可能性のある土は新しく造る前方のティーで使う。

新設フロントティー

・新しいヤーデージは315ヤード。
・新しいティー面は幅10m×奥行11m、仕上げの標高は591.5m。

新設レディースティー

・ヤーデージは330ヤード。新たな表面は幅10m×奥行き11m、標高は532.4m

新しい右フェアウェイバンカーの設置

・主要なフレームは右側にして、既存の丘と調和させる。
・既存の杉には影響無く、バンカーからのプレーヤーはグリーンに打つことができる。
・新しいバンカーはトーナメントティーから235~256m/255~280ヤード。
・ティーから砂面が見えるようにリードエッジを低くし、奥のエッジの砂もチラっと見えるようにする。
・バンカーの床は既存フェアウェイより25~35cm低くし、バンカーの最後のフレームは砂面より100~120cm高くする。

キャリーバンカーの再造成

・右の湾状の砂面を11~13m埋め、既存の丘のエリアと調和させる。
・バンカーの顔を造形し直し、傾斜に対してもっと多様性を創る。
・左側の湾状の砂面を回り込むフレームを25~30cm盛り上げ、既存フェアウェイに調和させる。
・ラフのバンカーの手前のエリアに配水を設置する。
・現在のバンカーの深さに変更無し。

左フェアウェイバンカー新設

・新しいバンカーは259~280m/284~306ヤード。
・フレームは既存の丘に調和させる。
・右奥部分のリードエッジは現在のフェアウェイのエッジから4mとする。バンカー造成後、フェアウェイをバンカーのリードエッジに調和させて拡張する。
・バンカーの床は既存フェアウェイより25~35cm下げる。

グリーン左手前ガードバンカーの再造成

・現在の位置で造り直し、左エッジを1~1.3m拡張する。
・直線を無くすため左部分のリードエッジを拡張する。
・新しいグリーン面にフレームを調和させる。

グリーン右手前ガードバンカーの再造成

・現在の位置にバンカーを造り直し、左エッジを6~6.5m埋める。このエリアはフェウェイになる。
・グリーンに向けての左のフレームは水がバンカーに入らないように造形し直す。
・右と後ろのフレームを小規模に造形し直す。
・現在のバンカーの深さに変更無し。

グリーン面の調整

・右拡張部の杭打ちの後、右前のコーナーをどれくらい手前に引き出すかを決定する。

グリーン右後方のガードバンカーの再造成

・後ろのエッジを1~2.8m埋め、フレームを20~30cm盛り上げてフレームの見た目を変える。
・グリーン側のエッジと新しいグリーンの形状を調和させる。
・バンカーの床を45~60cm下げる。

グリーン右サイドの拡張。

・右後ろのガードバンカーに向かって柔らかい湾曲でグリーン面を拡張する。
・湾曲の頂点では、グリーン面は右に1m広げ、新しいエッジと既存のエッジを調和させる。

グリーン左手前の拡張。

・左手前ガードバンカーに向かってグリーン面を拡張する。
・グリーン右前部分への新しい排水部分。
・コーナーの頂点は面を2.3~2.5m広げ、新しいエッジと既存のエッジを調和させる。