2016
HTGH LIGHIT

Maruhan Cup Taiheiyo Club Senior

Leaders board

2016.07.31

Rank Name Score Total
優 勝 P・マークセン -13 131
2 真板 潔 -11 133
3 髙見 和宏 -10 134
4T 髙橋 勝成 -9 135
  尾崎 直道 -9 135
  鈴木 亨 -9 135
7T 東 聡 -8 136
  崎山 武志 -8 136
       

プラヤド・マークセンが逆転でシニアツアー初優勝を挙げる

第3回「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」最終日は初日首位の鈴木亨に4打差の4位タイだったマークセンが9アンダーの63をマークして通算13 アンダーで逆転優勝を飾りました。

2位には同じく4位タイスタートだった真板潔が通算11アンダーで入り、高見和宏が通算10アンダーで3位でした。また、65歳の高橋勝成が7アンダ-65で回ってエージシュートを達成しました。

最終組の2組前で回ったマークセンはアウトで4つのバーディを奪った後、10番パー5で2オン1パットのイーグル。さらに、12番、15番、18番でもバーディを奪取してインは31。鈴木もアウトを4バーディとして首位をキープしましたが、インで3つのボギーを叩いて自滅。シニアツアー初優勝はなりませんでした。

優勝したマークセンは、「練習ラウンドは体力温存のために9ホールしかしませんでしたが、先輩のルアンキッド選手にコースに関するアドバイスをもらっていたので、不安はありませんでした。決して易しいコースではありませんが、コースも美しく綺麗に整備されていて、気持ち良くプレーできました。
今日はリーターズボードを見ずにプレーに集中したのが良かったのだと思います。シニアツアー出場3戦目のこの大きな大会に優勝できたことは今後の大きな自信になります。マルハンさん、太平洋クラブのスタッフのみなさん、ありがとうございました」と語っていました。