注目選手インタビュー
Interview

PGA Senior Tour

インタビュー|2016.07.31/sun.

Images

真板潔(-11=2位)

「連続バーディで発進できてチャンスがあるかな、と思いましたが、続く3番、4番でピンくらいのバーディチャンスを取れなかったのが、結果的に 2打届きませんでしたね。

この大会は昨年も3位タイでしたし、相性は悪くないので、来年は勝ちたいですね」

Images

鈴木亨(-9=4位タイ)

「アウトは1番パー5を2オン2パットバーディ、2番パー4も1オン2パットバーディと順調な滑り出しで、その後も2つのバーディでアウトは32。

そこまでは予定通りでしたが、10番パー5でバーディを取れず、11番でティショットを左に曲げてボギーを叩いてからリズムが悪くなりました。
改めて、ゴルフの難しさを感じました」

Images

高橋勝成(-9=4位タイ、2日目65=エージシュート)

「自分では6アンダーのラウンドだったと思っていたら、ホールアウト後にいろいろな人たちに、エージシュートおめでとうございます、と言われ、改めてス コアをチェックしたらトゥデー7アンダーでした。昨年の大会初日も惜しいところで達成できなかったので、とても嬉しいです。
ラフに入れたらパーを取るのさえ難しいこのコースで65を出せたのは、これからもまだまだやれる、ということですからね」

Images

光山富夫*(+5=ベストアマ)

「プロの方とのラウンドは参考になることがたくさんありますし、緊張感もあって集中力を切らさずにプレーできます。
今回が初出場なのですが、思っていたより華やかで楽しいで、自分が優勝できるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。太平洋クラブの会員は若い人ならクラブ選手権のチャンピオンになるとレギュラーツアーの三井住友VISA太平洋マスターズに出られるチャンスがありますし、シニアになってもこのようなそうそうたるシニアプロの方々とトーナメントの中で回ることができるのですから幸せですよね」

インタビュー|2016.07.30/sat.

Images

鈴木亨(-8=1位)

「この試合はシニアツアー3戦目なのですが、64はシニアツアーでのベストスコアです。 今日はショットが良く、6つのバーディはほとんど2メートル以内でした。シニア入りした時からいろいろな人たちに期待されていたので、 やっと満足できるスコアで回れました。
六甲コースはレギュラーツアーの三菱ギャランでラウンドして以来ですが、良いコースですよね。
フェアウェイが絞られていて決して易しく はありませんが、グリーンのコンディションが素晴らしいので、今日のスコアになりました。
14番で8メートルほどのイーグルパットが入るなど、パットの調子も良かったです。明日は高見プロと崎山プロとの組み合わせになり、すんなり 行くとは思っていません。でも、他の人を相手にプレーするのではなく、目の前の1打1打を大切にプレーすることを心掛ければ、自ずと結果が 付いてくると思います」

Images

高見和宏(-4=2位タイ)

「今日は4番でOBを出すなど、最初の内はドライバーショットが曲がってひどかったです。
ただ、その一方でパットが短いのも長いのも入りまくりました。

8番から12番までの5連続バーディは4番のダブルボギーを忘れさせてくれました。
惜しむらくは、14番、15番の連続バーディ後の16番のボギーですが、この位置に付けられたのはまあまあです。

今日は68歳の六甲コースの北村豊逸競技委員長と一緒だったのですが、シャンシャンと歩いて元気にプレーされているのを目の当たりにして 励まされました。明日は昨年2日目に5打も差を付けられた崎山プロにリベンジするつもりで頑張ります」

Images

崎山武志(-4=2位タイ) ※前年度チャンピオン

「全英シニアオープンから帰国した直後で、3時に目が覚めるなど時差ぼけと戦いながらのプレーですが、トータル的にはまあまあでした。
今年の六甲コースのラフは全英よりキツイところもありますから、何があるか分かりません。
明日は昨年の最終日に一緒に回った高見プロと、久しぶりに良いゴルフをしている鈴木プロとの最終組ですか。 いかにティーショットをフェアウェイに置いて、チャンスをバーディにつなげるかですね。自分のできることを精一杯やります」

インタビュー|2016.07.29/fri.

Images

崎山武志(2015年大会優勝/ディフェンディングチャンピオン)

「全米プロシニア」と「全英シニアオープン」に出場して、改めてマネージメントの大切さを思い知らされてきました。
今大会ではその経験を活かして、今年も優勝を目指して頑張りたいと思います。
鍵を握るのは、ティショットの正確性ですね。というのは、今年のラフは昨年より深く、フライヤーを警戒すると、かえってショートする 恐れがあるからです。とにかく、フェアウェイをキープしないといけないでしょうね。
2日間で2桁のアンダーを目指します。

Images

室田淳(2015年シニアツアー賞金王)

この大会は、一昨年が15位タイ、昨年が5位タイと、まだ満足できる成績を残せていません。
それだけに、「今年こそ」とシーズン始めから思っていたのですが、左手首のところを痛めていたり、体調もイマイチなので、不安を抱え ながらのプレーになります。
でも、出場するのですから、優勝を目指して頑張ります。
シニアの試合は見所が沢山ありますから、関西にお住まいの方には是非観戦に来て頂きたいと思います。

Images

グレゴリー・マイヤー(2014年大会優勝)

今年はこれまであまり調子は良くないのですが、六甲コースは優勝したコースなので、とても良いイメージを持っています。
コースのレイアウトもコンディションも自分に合っています。優勝した時のゴルフを思い出しながらプレーしたいと思います。
今年も暑さとの闘いになると思いますが、暑さを感じないくらいのアンダーパーをマークして、気持ち良くプレーしたいですね。